ホーニングの技術で高品質なパイプ作り|技術光る自慢素材

デザインの崩れを防ぐ

工場

アルミニウムを溶かしたアルミ鋳物は鋳型に流し込んで作る製品で、複雑な形を作り上げることが可能です。また、アルミ異物の特長として鉄や胴よりも軽く加工性に優れることから利用する企業が沢山います。さらに、電気や熱を通しやすいので様々な場面で活躍してくれる素材となっています。そんなアルミ鋳物はエンジンの部品や機械部品に優れており、車関連の仕事をしている企業には必要不可欠な存在となっています。しかし、アルミ鋳物は作り方が異なってくるのでその点には注意しましょう。例えば、砂型鋳造は砂を利用して造形する鋳物となっており、大型のアルミ鋳物を作るには最適な造形法となります。ダイカスト鋳造は圧力でアルミを流す方法となっており、寸法制度が高くなっています。そのため、後工程の手間を減らすことができるので大量生産に優れています。このように、アルミ鋳物にはいくつかの鋳造があるので自社に合った方法を選択しましょう。

アルミ鋳物を業者に依頼する時には失敗しない設計を心掛けましょう。失敗してしまうとデザイン性が崩れるだけでなく、部品同士の結合が難しくなって上手く咬み合わない事があります。そうなると、製品として成り立たなくなるので業者と相談して失敗しないように取り組みましょう。少しの意見の食い違いでアルミ鋳物の形はだいぶ変わってしまうので、口頭だけでなく書面でも説明するようにしましょう。そうすれば、未然に失敗を防ぐことが可能となります。