ホーニングの技術で高品質なパイプ作り|技術光る自慢素材

ネットで購入可能

男性

容器はネットから購入が可能です。液体やクリームの保管を行なう場合に便利なので、必要に応じて選んでいくことが大切です。スプレーやポンプなど様々なタイプが揃っています。

細やかに研磨する

作業員

パイプを加工するには、理想の大きさや形に変えていくためにホーニングを進めていく必要があります。また、ホーニングは細やかな技術が必要になってくるので、専門の業者への相談が必要になります。業者への実績を知っていくのも大切なポイントになってきます。長年に渡って専門的にホーニング加工を行なっている業者が沢山いるので、その中から信頼できる所を見つけていくようにすると良いでしょう。ホーニングでは、主にホーニング盤や砥石が必要になります。少しずつ表面を削っていって、徐々に理想の形に仕上げていきます。砥石の他にも液体を用いて研磨するという方法もあります。内径を調整したいという場合に行なわれる研磨方法となっており、様々な技術が用いられるようになっています。

内径を細かく調整するためにもホーニング加工は欠かせないものとなっています。また、対応している資材にも様々な種類があります。ステンレスや純ニッケル、ハステロイ、モネル、インコネル、インコロイがあります。性質もそれぞれ異なっているので、使用する用途に合わせて選んでいく必要があります。また、初めてホーニング加工をしてもらうという場合はサンプル作成を行なってもらう必要があります。サンプルを元にしながらホーニング技術について把握しておくと良いでしょう。また、事前にどれぐらいの費用が掛かるのかについて見積もりを算出してもらうことが必要になります。素材やパイプの長さによって価格は変動していきます。

売上を左右する容器

女性

プラスチック容器は液体を入れるには最適な容器で、頑丈で軽いことから多くの企業に利用されています。また、オリジナルデザインに仕上げることで企業のアピールに繋がります。

デザインの崩れを防ぐ

工場

アルミ鋳物にはいくつかの造形法があり、それぞれメリットが異なります。そのため、鋳物を利用する企業は業者と相談して最適な造形を行うようにしましょう。また、些細なミスで部品の価値が無くなってしまうので注意しましょう。